予約TEL

■9月1日は防災の日

230cafeイベント

9月1日は「防災の日」。
いつ起こってもおかしくない大地震。
今夏も各地で、台風・大雨による災害が発生しています。
先日、夏休み最後の「ともだちカフェ」では”防災・減災ワークショップ”を実施しました。

当日は、地元の高校生もお手伝いに来てくれました!
企画当初は災害時のクッキングや試食も予定していましたが、感染拡大防止のため、時間もうんと短縮し内容も縮小。

講師の方と相談し、ぎゅっと絞ったメインテーマは “排泄”です。
自分の暮らす地域のハザードマップを見たりした後、新聞、ペットのトイレシートなどを使い、災害時のトイレづくりをシミュレーションしました。
どのくらい吸水できるの?
臭いはどうなる?
例えばみんなの家族では、1日に何人、何回排泄することが想定されるか?
そして家にはいくつ、簡易トイレが備えてあるか?
お子さんたちの集中がキュッと高まるのが伺えました。

今後も、”防災・減災”テーマでは、今回見送ったクッキング、マップづくりや暗闇体験など、継続して実施していきたいことが沢山あります。

そして、防災・減災に留まらず環境とのつながりも含めた広い視点で考え、普段の暮らしに取り入れていくこと。

是非、地域の皆さんで一緒に学んでいきたいと思います!

コメント